Tony's Journal

わたくしは、いつもこんな事を考えている。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あけましておめでとうございます




神奈川・鎌倉

Camera: SONY Alpha 200
F-stop: f/13
Exposure time: 1/125 sec.
ISO speed: ISO-100
Focal length: 35mm


あけましておめでとうございます。
新しい年が始まったわけですが、実際の生活は毎日の単なる「連続」。
正月元日になったからと言って、平成24年最後の日である31日と何ら変わるものではありません。
でもまぁ、節目は節目ですから。
今年は、生き方そのものを、もう少し整えたいものだと思います。

写真の話。
本日掲載した写真のフォーカル・レングスは、35mm。 35mmフィルムカメラに換算すると52mmとなります。
50mmの焦点距離は、かつてフィルムカメラの単焦点レンズが主であった頃には「標準レンズ」と呼ばれ、まずは入門者が充分に使い込み、腕を磨くに最適なレンズと言われていたわけです。
が、わたくしはと言うと。
好みは直ぐに広角の28mmへと移り、続けて更なるインパクトを求め24mmへと移行していきましたね。

ズームレンズを常用する今日。 撮影する時に「フォーカル・レングス」を意識する事は少なくなりましたが。
後から撮った写真のデータを見てみると、24、35、50mmなど、昔から存在する焦点距離に近似している事が多く、これには思わず苦笑いしてしまいます。
やはり、身体の中に沁み込んでるんですかねぇ~その画角が?
スポンサーサイト
  1. 2013/01/03(木) 09:51:07|
  2. Camera_SONY Alpha 200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ランドセル小僧の怪




茨城・つくば

Camera: SONY Alpha 200
F-stop: f/9
Exposure time: 1/250 sec.
ISO speed: ISO-800
Focal length: 30mm


彼は、児童を模した人形である。
本当の名を何と言うのかは知らないが。 わたくしは、個人的に「ランドセル小僧」と呼んでいる。
小学校周辺。 子供らの通学路にあたるルートの路傍に据え置かれている事が多いと思われる。
が、恥ずかしながら。
わたくしにとってこの人形は、「恐怖」その物でしかない。
見るだけで戦慄が走る!悪寒が走る!
その主な要因は、彼の表情の中に潜んでいるのだろう。

子供の頃、能面を見るのが怖かった。
あの、笑っているのか?泣いているのか?それとも、怒っているのか?なんとも意図不明な表情を眺めて居ると、実に不安な心持ちになったものだ。
感情をストレートに読み取れない。 その事に、心の平衡を乱された。

ランドセル小僧の表情にも、能面に通ずるモノを感じる。
彼の薄笑いが、言いようもなくわたくしの心理をざわつかせるのだ。
特に、夜遅くに車を運転している時など、不意にヘッドライトの丸い輪の中に彼の姿が浮かび上がって来たりすると、まさに心臓が飛び出すほどに驚かされる!

ところで、この「ランドセル小僧」。
この人形って、いったいどこで作られているのであろうか?
マネキン人形メーカーの、商品ラインナップのひとつなのか?
街角における設置の目的は、そこが児童の通り道であり、ドライバーに注意を促すのが狙いと安易に想像できるが。
はたして、月に数百体も数千体も製作し、採算が取れるほどの「市場」が、この国内にあるのだろうか?
もし有るとすれば、技術大国ニッポンの事である。
その内に機械化され、通り掛る車の直前にヒョイと飛び出してみせる「よりアクティブなロボット型ランドセル小僧」が登場しないとも限らない。
そうなれば、こりゃ更に恐ろしい! おちおち鼻くそほじりながら運転なんぞして居れませんぞ、ご同輩!
誰も彼も、イラクの大地を行くコンボイ部隊の運転手ほどの用心と緊張を絶えず強いられるに間違いありません。

さて。
わたくしが、この人形に恐怖するもうひとつの理由は。
草木も眠る丑三つ時。 人知れず辺りを走り回っているのではないか?とかねがね想像するからなのです。 あの薄笑いを浮かべた表情のまま・・・
それが証拠に。
件のランドセル小僧。 鉄製の支柱にテープでグルグル巻きにされ、身動き取れぬよう拘束されているではありませんか・・・!
  1. 2012/12/19(水) 22:07:37|
  2. Camera_SONY Alpha 200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Skytreeへ行ってきました




東京・墨田

Camera: SONY Alpha 200
F-stop: f/8
Exposure time: 1/250 sec.
ISO speed: ISO-100
Focal length: 28mm


半年ほど前、まさに「鳴り物入り」でオープンした"Skytree"。
そのTokyo Skytreeへ、今更ながらではありますが行ってきました。

と言っても、行列大嫌いなわたくしの事。
展望台へは上らず、その足元をウロウロしたのみ。
ちょっと、もったいなくはありましたが。 まぁ~展望は、次回のお楽しみに取っておきましょ。
それにしても。
平日だと言うのに、ショッピングエリアなどは結構混んでましたねぇ。
これがウィークエンドともなれば、どれ程ごった返しちゃうんだろ?

つくばエクスプレス(電車)とのお得なパッケージ切符を利用したため、浅草への往復運賃ほどで、上野・浅草・Skytree間を繋ぐシャトルバスと東武線の一部も乗り降り自由。
せっかくだから!と、意地汚くもガツガツと。 一日中、思いっきり徘徊してしまいましたよ。 ははっ
  1. 2012/12/14(金) 09:21:35|
  2. Camera_SONY Alpha 200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出来立て新酒を買う




茨城・那珂

Camera: SONY Alpha 200
F-stop: f/5.6
Exposure time: 1/125 sec.
ISO speed: ISO-400
Focal length: 70mm


袋田の滝へ行ったついで、帰路には「木内酒造」へと立ち寄った。

常磐自動車道の那珂インターチェンジから5分の距離。 美味い手打ち蕎麦を中心としたメニューを揃える洒落たレストランまで併設する、やる気に満ちた酒造所だ。
目的は、出来立ての新酒を購入すること。
冷酒で頂く2種を、首尾よく手に入れた。
せっかくだ。 ぜひ、正月に楽しむ事としよう!

酒造所の店舗や酒蔵の入り口に吊るされた「杉玉」は、新酒が出来上がった事を広く世間に知らせるために飾られる。
だから通常、その時期に作り直され、枯れた茶色から真新しい青々とした杉玉に取り替えられる事となる。
が、件の木内酒造のそれは、なにか考えがあってか?年季の入ったモノのままであった。

わたくしにとって、日本酒の新酒は大きな楽しみのひとつである。
鳴り物入りで輸入されるボージョレヌーボーなどは、味に丸みも深みも無く、まったく美味いと思った事がない。
日本の寒い冬は、やはり出来立ての日本酒で楽しみたい。
  1. 2012/12/08(土) 09:48:42|
  2. Camera_SONY Alpha 200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

袋田の滝へ行く

fukuroda_1.jpg


茨城・大子

Camera: SONY Alpha 200
F-stop: f/6.3
Exposure time: 1/60 sec.
ISO speed: ISO-100
Focal length: 18mm


茨城県は北部にある“袋田の滝”に、一泊の日程で行ってきました。
久しぶりの「お泊り旅行」でありました。

お目当ての紅葉は、2週間ほど前がピークであったようで、惜しくも間に合わなかった感は拭えないものの。
山全体は、「ハゲ散らかした」と言うほどに心寂しい状態ではなく、まだまだ美しい様を存分に見せてくれました。

なによりも。
地元の美味い酒を堪能しつつ入る露天風呂は最高!で。
アルコールと温泉で上気した顔を撫でる外気の冷たさは、なんとも心地の良いものでしたね。
見上げる空には、まぁるい月と数多くの星々。
それらを眺めていると、「俺の人生、これで良いのか・・・?」などと自問自答してしまったり。

それはともかく。
温泉の醍醐味は、やはり狭い家風呂と違い、身体を思いきっり伸ばして入れること。
あぁ、またすぐにでも行きたいなぁ~

ところで。
件の袋田の滝には、ここが「日本の三銘瀑のひとつ」だと書かれていたけど。
他のひとつは「日光華厳の滝」だとして、残る一ヶ所は、果たしてどこなんだぁ?
  1. 2012/11/30(金) 09:32:16|
  2. Camera_SONY Alpha 200
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アクセスカウンター

プロフィール

Tony

Author:Tony

カテゴリ

Camera_SONY Alpha 200 (5)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。